お肉の焼き具合は見た目が100%!!


こんにちは、

ユーエイエムの後藤です。

 

今回は

「お肉の焼き具合も

 見た目が100%!?」

についてお伝えいたします。

 

 

 

私はお肉のカット工場を

をやっていますが、

私の見た目はお肉屋さん

という感じではありません。

 

でも

経営者っぽい

と良く言われます。

 

 

どういう意味でしょうか?(笑)

 

 

それはさておいて、

お肉も見た目が重要で

美味しそうに見えるお肉は

やはり美味しいです。

 

 

ただ、美味しいお肉でも

調理する際などの

焼き具合を失敗すると

美味しくありません

 

 

そうは言ってもお肉の焼け具合は

表面の様子だけでは

中がどれだけ焼けているか

判断はしづらいと思います。

 

 

大きな1枚ステーキを焼く時

焼き具合を調整するのは

プロでも正直難しいです

 

 

「そんな難しいのはちょっとできない」

というそんなあなたには

サイコロステーキを焼いてみるのを

おススメします。

 

 

何故なら、サイコロステーキなら

表面と中の焼け具合はほぼ同じですので

表面に焦げ目がついたら中はちょうど良い

焼け具合になるからです。

 

 

 

 

実は、弊社でも

サイコロステーキを

販売しているので

良かったらご利用ください

※この商品、あとで紹介する

ハート型ステーキと同じ原料で作っているので

形はバラバラですが味には自信があるんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B072WNCWYL

 

 

ちなみに、

ハート型のステーキも

販売していますが、

 

 

大きな一枚のハートの

90g仕様のステーキは

焼き具合を調整するのが難しく

どちらかというとプロ向けですので

 

 

小さなハート(一個約32g)の

クローバーステーキが

個人の方にはオススメですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B072C3RRV9

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*